拳昌会の歴史


昭和31年07月: 先代館長、地引昌次郎は14歳の時、東京都千束町の剛柔会に入門し、山口剛玄先生のもと、空手の修行を始める。
昭和32年02月: 東京都稲荷町素水館に入門し、日本剛柔流市川素水先生のもと修行。
昭和40年10月: 素水館より独立し拳昌会を設立、拳昌会空手道連盟理事長となる。
昭和41年10月: 台東支部設立
昭和45年10月: 拳昌会本部を荒川区町屋に設立。
昭和49年12月: 南米コロンビアとエクアドルに海外支部を設立。
昭和53年06月: 足立支部設立
昭和54年08月: 花畑支部設立
昭和56年10月: 尾久支部設立
昭和59年09月: アメリカフロリダ州マイアミ支部設立
昭和61年04月: 荒川支部設立

拳昌会は剛柔流三大流派の一つ日本剛柔流の流れをくみ、系図は以下の通りである。

系図